ステラおばさんはどこの国の人?歴史や由来は?

ステラおばさんってどんな人?どんな歴史があるの?

と気になっている方

こちらの記事では

・ステラおばさんはどこの国の人?
・ステラおばさんの歴史や由来は?
・ステラおばさんは日本企業じゃない?

につていお話していきます。

ステラおばさんのクッキーの美味しさの他に、この記事を読めば、ステラおばさんの人柄や歴史を知ることができますよ。

ステラおばさんはどこの国の人?

手作りの製法にこだわったステラおばさんのクッキー。食べたことはあるけど、ステラおばさんはいったいどこの国の人なのでしょうか。

ステラおばさんはどこの国の人?

ステラおばさんはアメリカ人です。
ペンシルベニア州ダッチカントリーで1908年に生まれたステラおばさんは、幼稚園の先生をしていました。

ステラおばさんの故郷ペンシルベニア州ダッチカントリーはどんな場所?

ダッチカントリーは、アメリカの心の故郷と言われています。
その暮らしぶりを「プレーン」と表現されるほど飾り気のない、素朴な田園地帯です。

聖書の教えに忠実にしたがって生きるアーミッシュと呼ばれる人々が暮らしており、今でもあるがままの暮らしが受け継がれています。

ステラおばさんの歴史や由来は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

izumi🌷(@izumi_chuchu)がシェアした投稿

ほろりとした軽い食感とバターとブラウンシュガーのコクが特徴のステラおばさんのクッキー。ステラおばさんの歴史や由来を紐解いていきましょう。

ステラおばさんとは

ステラおばさんはペンシルベニア州ダッチカントリーで1802年から1882年まで生きた。
生まれ故郷で幼稚園の先生をしていましたが、ステラおばさんを先生と呼ぶ人は誰もおらず、子どもたちも、村の人も、みんな「アントステラ=ステラ」おばさんと呼ばれるほど、みんなに親しまれていました。

ステラおばさんのクッキーのクッキーはどうやって広まった?

ステラおばさんが務めていた幼稚園の生徒 ジョセフが大人になった時に広めた。
ジョセフが成人した時に、幼少期に親しんでよく食べていたステラおばさんのクッキーを、日本に紹介しようと決意しました。

ジョセフは74歳になっていたステラおばさんにその思いを打ち明けると、ステラおばさんはジョセフに6年間かけて、クッキーとケーキ作りの全てを教えてくれたのです。

ステラおばさんのクッキーに対する思い

「いいかい。クッキーやケーキを作るとき一番大切なのは、オーブンの温度じゃないんだよ。それを誰かの為に作ろうっていう気持ちなんだよ。」

食べてくれる人を思いながらクッキーを作っていたステラおばさんの思いは、今もずっと変わらず受け継がれています。

ステラおばさんは日本企業じゃない?

本当に喜んでもらえるものを贈りたい。そんな時にぴったりなのがステラおばさんのクッキー。

ステラおばさんのクッキーを販売している企業は、やはりアメリカなのかと思いましたが違うようです

ステラおばさんのクッキーは、株式会社アントステラという日本の企業が販売。
1974年に日本に来日したジョセフが、株式会社ローリードールを設立。

1982年に手焼きクッキー店「アントステラ~ステラおばさんのクッキー~」店舗展開。

1999年に創立20周年を機に、株式会社アントステラに社名変更。

ステラおばさんのクッキーのルーツはアメリカなので、アメリカの企業かと思いきや、日本の企業が販売していたんですね。ステラおばさんのクッキーが更に身近に感じられます。

まとめ

・ステラおばさんはどこの国の人?やステラおばさんの歴史や由来は?、ステラおばさんは日本企業じゃない?についてご紹介強いていきました。

・ステラおばさんは、アメリカ ペンシルベニア州ダッチカントリー生まれのアメリカ人。
・ステラおばさんは、故郷ダッチカントリーで幼稚園の先生をしており、クッキー名人として名が高かった。
・ステラおばさんのクッキーは、ステラおばさんが幼稚園勤務時代の生徒が日本で設立した企業が販売。

ステラおばさんが作り上げたクッキーは、ボリュームがあり素朴な美味しさが特徴です。

ステラおばさんが亡くなってから40年以上経った今なお、その伝統の味が受け継がれているなんて、心温まるお話ですね。

ステラおばさんと生徒 ジョセフの数々のエピソードを思い出しながら、ステラおばさんのクッキーを食べれば、更にステラおばさんのクッキーが味わい深いものになりますね。