遮音カーテンでいびきを防げる!?隣の部屋のいびき対策!

いびきがうるさすぎて寝れない…
遮音カーテンでいびき対策できる?

と困っている方

この記事では

・遮音カーテンはいびき対策になる?
・遮音カーテン以外のいびき対策方法
・いびきを完全に止める対策法

についてお話していきます。

いびき対策方法を詳しくご紹介しますので、家族のいびきで困っている方は、試してみましょう!

遮音カーテンはいびき対策になるのか?

家族のいびきがうるさくて眠れない。

これは、毎日のことなので非常に深刻な問題で、隣の部屋に移って寝ても、部屋を突き抜けていびきがうるさくて眠れない。
なんてことも

結論を言うと残念ながら、遮音カーテンでいびき防ぐことは難しいです。

遮音カーテンが防ぐことができる音域は、主に中高音域です。

中高音域とは、人の話し声より少し高い音域のことです。

例えば、ピアノの音や赤ちゃんの鳴き声などでは、遮音カーテンはその効果を発揮します。
いびきは電車と同じ響きの低音域のため、遮音カーテンで防ぐことは難しいのです。

だからと言っていびき対策が無いというわけではありません。
現在は様々な防音グッズがあるので紹介していきます

遮音カーテン以外のいびき対策方法!防音マスクは効果ある?

困ったいびき対策には、遮音カーテン以外に良い方法はあるのか、1つづつ紹介していきます

 

困ったいびき対策に!防音マスク


いびきがうるさいのなら、その人に直接マスクをつけてもらいましょう。

このマスクは二重素材になっているため、いびき特有の「ガーガー」といううるさい騒音を小さくしてくれます。

実際に使っている方は、「この防音マスクは立体構造になっているため、寝ている間も息苦しくないです」と、なかなか好評のようです。

防音マスクの購入はこちら>> 

困ったいびき対策に!パーティション

部屋の間仕切りなどに使われるパーティションをいびきの遮音対策として使うのも手です。
パーティションが気になるいびきを跳ね返してくれます。

いびきの音を完全には遮音できませんが、パーティションが守ってくれている、という落ち着いた気分で寝ることはできるでしょう。

パーティションを使わない時は、折りたたむことでコンパクトになるため、収納もかさばりません。

防音パーテーションの購入はこちら>>

耳栓対策でいびきが気にならない


耳栓でいびき対策するのも王道です!

こちらの商品は楽天のランキングで何度も1位を獲得している『最も楽天で売れている耳栓』とのうたい文句で有名です

口コミでは『隣で寝ているのに、かなり遠くでいびきをかいているぐらいに聞こえて気にならない!』
と効果は絶大のようです。

値段も安価な為、試してみるなら耳栓がおすすめです!

いびき対策耳栓の購入はこちら>>

 

いびきを完全に止める対策法

隣で眠っている人のいびきがうるさくて眠れない。

それならいびきを完全に止めてしまいましょう!
いびき対策グッズでおすすめの人気ランキングでご紹介します。

いびき対策!おすすめ人気ナンバー3


 いびきの原因の多くは、鼻呼吸をせずに口呼吸をしいていることがあげられます。

マウステープをすることで、口呼吸を抑制して鼻呼吸を自然に促してくれます。

鼻呼吸が癖付けば根本的にいびきを治すことも可能です!

マウステープの購入はこちら>>

いびき対策!おすすめ人気ナンバー2


低反発枕 4段階高さ調整

特殊形状で首や頸椎の緊張をサポートしてくれるため、あごの位置をあげて頸椎を自然なカーブに導いてくれます。

高さも4段階に調整できるため、気道の確保ができて呼吸がしやすくなります。

いびき対策枕の購入はこちら>>

いびき対策!おすすめナンバー1


おすすめナンバー1はマウスピースです。
着け心地がよく歯にしっかりフィットするため、寝る時も気にならないほどの装着感です。

「いびきがかなり軽減された」という驚きの口コミは、試してみる価値ありです。

いびき対策マウスピースの購入はこちら>>

まとめ

遮音カーテンはいびき対策になる?、遮音カーテン以外のいびき対策方法やいびきを完全に止める対策法についてご紹介していきました。

・遮音カーテンは、残念ながらいびき対策にはならない。
・遮音カーテン以外のいびき対策方法は、防音マスクやパーティションなどがある。
・いびきを完全に止める対策法は、マウスピース・枕・マウスピースなどを試してみる価値はある。

家族にいびきが気になって眠れない。眠れない側からすると、本当に大問題です。
実は私の主人もいびきがひどくて、それが悩みの種でした。

しかし、今までより少し高めの枕に替えることで、いびきを軽減することができました。

いびきの対策法はその方に合ったものにたどり着くまでに多少時間がかかりますが、この記事でのいびき対策方法をぜひ試してみてくださいね。