ペットシーツは食べても安心?赤ちゃんへの安全性は?

 

ペットシーツを犬が食べてしまった…
破れたシーツを赤ちゃんが飲み込んじゃった

と心配される方

結論から言うと、大量に食べない限り影響はないです(シーツの半分ぐらい食べるとか)

この記事では

・ペットシーツは食べても安心なのか?
・ペットシーツを食べてしまった時の対処は?
・破られないペットシーツのおすすめ

についてまとめています

食べても問題ないと言えど心配してしまうもの。
ペットシーツを食べてしまうという事自体を無くせば、無駄な気遣いもなくなるのでしっかりと対策はしておきましょう


【最大400円OFFクーポン有】 薄型ペットシーツ レギュラー800枚/ワイド400枚送料無料

ペットシーツは食べても大丈夫?犬や赤ちゃんへの影響は?

 

ペットシーツは少量なら食べても健康を害する事はありません。
これは犬でも赤ちゃんでも同様。

しかし完全に安全かというとそうではありません。

ペットシーツに含まれている成分の『吸水ポリマー』は摂取しすぎると危険。

人体に直接悪影響を及ぼすという訳ではありませんが、吸水ポリマーの性質が危険なのです

名前の通り、水を吸収する素材になっているので、体内に入ると体液や摂取水分によって膨張します。

冷えピタや赤ちゃんのオムツも同様の素材が使われており、水に浸けてみるとびっくりするぐらい大きくなります。
誤って洗濯してしまった方は、見た事あるのではないでしょうか?

膨張しすぎると当然排出することが困難になります。

結果的に排便が出来なくなる。
胃を圧迫して、食欲不全になる。

といった事になる可能性があります。

ペットシーツを食べてしまった時の対処方は?

 

少量なら問題ないという事ですが、基準が曖昧なところがあって心配ですよね

食べてしまって問題ないか確認する方法としては、便を確認してみる事です。

ペットシーツの吸水ポリマーは胃で消火出来るものでは無いので、通常であれば便から排出されます。

便を確認して、吸水ポリマーらしきものが無ければ一度病院を受診することを進めます

赤ちゃんであれば、内科
犬であれば動物病院へ受診になります。

悪化すると、腸閉塞となり最悪外科的処置が必要となってきます。

また便を確認する事以外にも

・下痢
・嘔吐
・食欲不振

といった症状が見られたらすぐ病院にいきましょう

 

食べられない対策をしたペットシーツのおすすめ

食べてしまった時の安全性や危険性、対処法が分かった上で、二度と同じことが起きないようにしておくことがベストです

犬のしつけなどでカバーするのも大事ですが、確実ではないので、安全な環境を整えましょう

噛んで破る事が出来ないペットシーツを用意することが大事なので、いくつか紹介します

 

メッシュカバー付きペットシーツ


こちらはメッシュカバーの下にペットシーツを入れるタイプです。

犬猫の引っかきや、噛みつきなどを物理的に防止出来るので、破れて食べてしまうといった事を防げます

上記はMサイズで小型~中型犬用ですが、大型犬サイズの物も販売しています



メーカーはどちらもボンビ。
ペット用品の有名どころになるので、品質も良く長く使えるのが大きなメリットです

 

トイレトレーニング用ペットシーツ


 

こちらも犬猫の引っかきなどのイタズラ防止をする為に作られたものです。

トイレトレーニングという名前の通り、シーツを破る事を防止する事で、最終的にはガード無しでも安心して使えるようにするコンセプト。

トレーニング用という響きで疎遠する方が多いですが、ペットや赤ちゃんを守る為には迷わず導入するべきです

アイリスオーヤマは家電中心の販売をしていますが、現在色々な市場に拡大しています。
大手企業が管理する品質なのでコスパは最高だと思います。

こちらもワイドサイズや色違いなどもあるので、各家庭にあった物を選定しましょう


ペットシーツは食べても安心?赤ちゃんへの安全性は?まとめ

 

今回はペットシーツを食べた時の安全性や危険性、対処法についてまとめました

・ペットシーツは少量なら食べても問題ない
・下痢、食欲不振などになったら病院へ行くべき
・ペットシーツが破られない対策品を導入する

安全対策をしっかりおこなって、安心してペットを飼っていきましょう


【最大400円OFFクーポン有】 薄型ペットシーツ レギュラー800枚/ワイド400枚送料無料