川田智也さんのwikiプロフ!年齢や学歴は?中華料理の店の場所はどこ?

11月24日(火)放送の「プロフェッショナル」で川田智也さんが出演されます。

ミシュラン2つ星獲得の中華料理シェフとして、日経メディアなどでも取り上げられる川田智也さんですが、これまでの経歴や現在独立するまでの経緯など、詳しくはあまり知られてないですよね。

そこで今回は

・川田智也さんのwikiプロフィール!
・川田智也さんの学歴は?
・川田智也さんの中華料理の店の場所はどこ?

について調査してみました!

川田智也さんのwikiプロフィール!

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本経済新聞(NIKKEI)(@nikkei)がシェアした投稿

川田智也さんのwikiプロフィール
誕生日:1982年12月8日生まれ
年齢:37歳
出身地:栃木県足利市出身
在住:東京都港区在住
血液型:A型
学歴:佐野日本大学高等学校卒
好きな音楽:二胡(中国楽器)
好きな映画:『王様の漢方』
好きな本:『菜根譚』(洪自誠著 明の時代の古典)

 

川田智也さん略歴
2002年 東京調理師専門学校卒業
2002年 東京・西麻布「中国料理 麻布長江」
調理アシスタント~副料理長
2011年 東京「日本料理 龍吟」
2013年 台湾「祥雲龍吟」
2017年2月 中華料理店「茶禅華(さぜんか)」オープン
2017年12月 「茶禅華(さぜんか)」ミシュラン二ツ星獲得

 

川田智也(かわだ・ともや)さん物心ついた頃には担々麺、麻婆豆腐、棒棒鶏などの四川料理が好きで、幼稚園の卒園アルバムには既に「料理人になる」と書いていたそうです。

その夢に邁進するように、2000年にアルバイトとして「麻布長江」に入門し、2002年に入社。10年間中華料理一筋で、調理アシスタントから副料理長へとステップアップしながら「麻布長江」で経験を積むことに。

その後、「麻布長江」の副料理長を勤めた川田智也シェフは、独立ではなく、日本食材を活かす技術を学ぶべく「日本料理 龍吟」に入社し、更なる修行の道を選びます。

そして日本食材を活かす技術だけでなく川田シェフが思い描く理想の料理にさらに近づくため、3年程調理スタッフとして日本食材を取り扱う技術や、サービスなどの経験を経たそうです!

和の心と技術を自分の細胞にまで染み込ませた川田シェフは、台湾店である「祥雲龍吟」の立ち上げにも参加。

2年間、副料理長として務めあげた川田シェフは、2017年に帰国。念願の夢でもあった料理人としての独立を決意し、準備期間を経て2017年2月自身の中華料理店「茶禅華」をオープンさせます。

色々なお店で経験を培ってきているからこその実力って感じですね!

川田智也さんの学歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Premium Japan(@premium.japan)がシェアした投稿

学生時代、地元の佐野日本大学高等学校へ。

「佐野駅」の北部に位置する自然に囲まれた場所で学生時代を過ごします。

栃木県の私立高等学校で、偏差値は普通科進学コースで50程度、普通科特進コースαクラスだと69と地元の進学校としては有名のようです。
下記は佐野日本大学高等学校の所在地となります。

その後、幼少期からの夢である料理人を目指すべく、東京調理師専門学校へ通うこととなります。

東京調理師専門学校は西新宿駅から3分、新宿駅から8分とアクセスが良好な専門学校です。
下記は東京調理師専門学校の所在地となります。

小さいころからの夢だったという事で、やはり高校卒業後は料理一本で活動していっているみたいです!

川田智也さんの中華料理の店の場所はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

signal1173(@futuretribe45)がシェアした投稿

川田智也さんの中華料理の店、「茶禅華(さぜんか)」は東京都港区南麻布に位置しており、中華料理を進化させた一軒家レストランとなっています。

四川料理には四川の、広東料理には広東のその土地の恵みを最大に活かした食材があるように、日本には日本の食材を存分に活かした日本の中華料理が存在するべきだと、川田シェアの考えもあり、これまで川田シェフが長きに渡り修行してきた、中華と和の心を融合させた落ち着きのある空間で、日本らしい精神と食材で中華料理を堪能できるお店となっています。

下記は川田智也さんの中華料理の店、「茶禅華(さぜんか)」の所在地となります。

まとめ

今回は、川田智也さんのプロフィールを中心に調査しました
以下がまとめになります。

・川田智也さんは現在37歳。ミシュラン二ツ星を獲得した自身の中華料理店「茶禅華(さぜんか)」のオーナーです。
・川田智也さんの学歴をみると、地元の佐野日本大学高等学校を卒業後、幼少期からの夢である料理人を目指すべく、東京調理師専門学校へ通います。
・川田智也さんの中華料理の店、「茶禅華(さぜんか)」は東京都港区南麻布に位置しています。

川田智也さんは幼い頃からの夢だった料理人という道を邁進しながらも、よりオリジナリティな料理でおもてなしするべく、日本の食材を存分に活かした日本の中華料理店「茶禅華(さぜんか)」を運営されています。

そんな川田シェフが長年培ってきた中華料理の技術と、和の精神を融合させたここでしか味わえない中華料理を提供。自身の店舗「茶禅華(さぜんか)」をオープンさせると、その評価はミシュラン二つ星を獲得するまでに。

今ではグルメ関連のメディアだけでなく、日経メディアに取り上げられるほどに。そんな日本らしい中華料理を味わえるお店「茶禅華(さぜんか)」。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

以上、最後まで閲覧ありがとうございました。