犬が膝の上で熟睡するのは甘えじゃない?飼い主を下に見てるってホント!?

犬が膝の上に乗って寝ている姿を見ると、かわいすぎて仕方がない。
でも、しょっちゅう仰向けになって甘えているように見えるけど、実際、犬が自分のことをどう思っているのか…。

と気になっている方

この記事では

 

・犬が飼い主の膝の上で寝るのは甘え?下に見てる?
・膝の上で仰向けで寝るのはしつけが必要?
・飼い主に甘えているパターン

 

についてお話していきます。

犬の行動パターンの意味を知れば、愛犬が自分に甘えているのか、それとも下に見てるのかがわかるので、今以上に仲良くなれますよ。

 

犬が飼い主の上で寝てるのは甘え?下に見てる?

犬は飼い主の感情を瞬時に読み取ります。と共に、飼い主に対して色々なしぐさや態度で、犬自身の感情を示します。
犬が何を思っているのかを分かりたいのであれば、その犬がどんな感情表現をしているのかを知ることがポイントです。
では膝の上で寝ている時は、甘えているのでしょうか。下に見ているのでしょうか。
そのポイントをご紹介します。

 

<甘えている場合>

・安らぎを求めている。
犬は飼い主に甘えたい気持ちの時、膝の上に乗ります。
それは子犬の頃、甘えん坊な気持ちが抜けていない犬によく見られる行動です。

子犬の頃に愛情をたっぷり注ぐことで、感情が豊かな犬に育つと言われています。
思う存分甘えさせてあげることが大切です。

 

<下に見ている場合>

・優位性を主張している。
群れの中で暮らしてきた犬は、主従関係を意識する習性を持ち続けています。

自分の方が飼い主よりも立場が上だと思っている場合、その気持ちを誇示する意味で膝の上に乗って占領しようとしているのです。

その場合は一旦、犬を膝から降ろしてみてください。
降ろした時にうなったら、それはまさに優位性を主張していたということになります。

その時は膝に乗らせないようにしましょう。

 

膝の上で仰向けで熟睡は甘えすぎ?しつけが必要?

いつまでも子犬として扱っていると、飼い主の膝の上に乗る意味が変わった時に、主従関係も変わってくることがあります。

では、甘えすぎはしつけをした方がいいのでしょうか。

 

<膝の上で仰向けに寝ている場合>

・しつけは必要ない。
お腹を出した無防備な姿は、急所を完全に見せている状態です。

つまり、非常にリラックスして安心しきって眠っています。
飼い主の膝の上でお腹を見せている場合は、飼い主を安心できる場所と確信しています。

 

<主従関係が形成されていない場合>

・しつけは必要。
「自分の方が上だ」と思い込んでいる犬を膝に乗せ続けると、犬はますます飼い主の言うことを聞かなくなります。

普段のしつけや犬との接し方で、主従関係をきちんと理解させることが大切です。

常日頃から犬の行動や表情をよく観察していれば、膝の上に乗る本当の理由を理解することができるはずですね。

 

飼い主に甘えているパターンは?

犬が飼い主に「ご主人様に甘えた~い」と感情表現している行動パターンをご紹介します。

・近づいて匂いをかぐ。
匂いをかぐことで、飼い主が今日1日何をしていたのかを興味深く知ろうとしています。

 

・身を寄せてマッタリしている。
犬の体がゆるんで寝そべっているのは、飼い主と一緒にいて安心している証拠です。

 

・大好きなおもちゃを持ってくる。
一緒に遊ぼうと誘われているので、犬の好きな遊び方をすることでさらに仲良し度が高まります。

 

・なでていた手を離しても逃げない。
その場から離れない場合は、犬に気持ちいいなぁと感じてもらえています。それはもう最高に幸せな時間です。

 

・布団の中に入ってくる。
寝ても覚めても一緒にいたい、という犬の飼い主への感情表見です。しっかりと抱きしめてあげましょう。

 

まとめ

 

犬が飼い主の膝の上で寝るのは甘えなのか下に見てるのか、膝の上で仰向けで寝るのはしつけが必要なのかや飼い主に甘えているパターンも併せてご紹介しました。

 

・飼い主の膝の上に乗る時に甘えてるのか、下に見ているのかの見分け方は、一旦犬を膝から降ろしてみてうなったら下に見ている証拠。
・主従関係がしっかりと形成されていれば、犬が飼い主の膝の上で仰向けで熟睡するのはOK。
・犬は匂いをかいできたり、おもちゃを持ってきたり、布団の中に入ってきたりと、色んなパターンで飼い主に甘えてくる。

 

犬のことをよく観察して理解しようとすることは、犬の感情表現の理由が知ることになります。そうすることで、飼い主と犬の主従関係が形成されて、ますます仲良し度が高まりますよ。