餃子の皮の余りを保存する方法は?アレンジして活用も出来る!

悩んでる人
また餃子の皮が余っちゃった…
余った餃子の皮を捨てるのはもったいないけど、活用方法がないし…

 

捨てるのがもったいなからといって、冷蔵庫の中に保存。

気が付いた時には、餃子の皮の端がカピカピなっていたり、賞味期限切れになっていたり。
それを繰り返していませんか?

今回は、餃子の皮の余りを上手に保存する方法や
余った皮を使い切るための簡単アレンジ方法も合わせて紹介。

これで餃子の皮が余っても気にしないで済みます

余った餃子の皮を長持ちさせる保存方法は?

View this post on Instagram

【もちもちぷりぷりの餃子の皮】 もちもちぷりぷりの食感が人気の餃子の皮が今月も届きました。 創業から140年を超える神奈川県の製麺所で、昔ながらの低速回転の小型製粉機を使って作られており、厳選された国産小麦の風味と豊かなコクを感じることができます。〝皮そのものを味わう〟というコンセプト通りの弾力があり、食べごたえも十分です。 今回は餃子の皮のほか、シュウマイの皮とワンタンの皮も少量ずつ入荷しています。 #nichinichi #岡山 #okayama #表町 #日日 #雑貨店 #雑貨 #日用品 #暮らしの道具 #生活道具 #食料品 #衣食住 #丁寧な暮らし #ベーシック #暮らしを整える #暮らし #日々の暮らし #台所道具 #料理道具 #調理道具 #定番 #トラディショナル #餃子 #餃子の皮 #ワンタン #ギョーザ #シューマイ #焼売

A post shared by 日日(にちにち) (@nichinichi.shop) on

では、余った餃子の皮はどう保存するのが一番いいのでしょうか。
長持ちさせる保存方法を2つご紹介します。

①冷蔵方法
餃子の天敵は乾燥です。
一度開封した袋は、保存袋に入れて保存しましょう。

新鮮に長持ちさせるポイントは、空気をしっかりと抜いてから封をすることです。
チルド室に入れておけば、3~4日は持ちます。

②冷凍方法
餃子の皮が余ってしまって、当分使う予定がない時は冷凍保存しておくと便利です。
新鮮に長持ちさせるポイントは、使いやすい枚数ごとにラップに包んで、冷凍用の保存袋に入れましょう。
冷凍室に入れておけば、約1ヵ月は持ちます。

冷凍と冷蔵保存の違い(メリット・デメリット)

冷凍保存と冷蔵保存でどんなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。

<冷凍保存>
・メリット
長期保存が可能
新鮮な状態で使える

・デメリット
小分けにラップに包んで冷凍する手間がかかる
冷凍すると皮がパラパラと割れやすくなる

<冷蔵保存>
・メリット
皮が柔らかいまま使える
保存方法が簡単

・デメリット
保存期間が短い
常に餃子の皮のことを気にかけておく必要がある

冷蔵保存の方が新鮮に保存できるため、後日アレンジ料理として使うのをおススメします。
餃子としてまた数週間後に使いたい場合は、冷凍保存してくださいね。

冷凍保存した場合の解凍方法

冷凍保存しておいた余った餃子の皮の解答方法ですが、自然解凍をおすすめします。
使用する前日に、冷凍室から冷蔵室へうつしておくと、使う時に焦らなくていいですね。

ここで解凍方法のポイントを2つ上げます。
①室温では解凍しない
解凍された時に生地が水っぽくなり、おいしさが半減します。

②電子レンジでは解凍しない
餃子の皮の水分がとられてパサパサになり、風味が損なわれます。

味を落とさないコツなので是非気を付けてみてくださいね。

保存した餃子の皮をアレンジして使おう!チーズやスイーツ風に

保存した餃子の皮がおかずやスイーツに大変身!
余った皮をその場、または数日後に有効活用する方法をご紹介します。

・チーズを使ったアレンジ

≪餃子の皮でピザ≫

View this post on Instagram

#昨日の#家モーニング#簡単#ピザ 昨日息子は帰って行ったよ。京都での新生活も大学もとても楽しくやってるようでよかった。夜帰る予定が昼になり、結局は朝帰って行ったよ。笑。京都がいいんだね。親は子供が元気にやってくれることが一番だから安心したよ。 今日は息子の誕生日。 朝、メールした。みんなで揃ってお祝いできないけど離れていても応援しています。 19歳、お誕生日おめでとう‼︎ #家モーニング#朝食#朝ごパン#pizza#pizzas#コーヒー#珈琲#Coffee#coffee#ブラックコーヒー#ブラック#blackcoffee#きの料理#Japanese#Japanesefood#yummy#餃子の皮#餃子の皮ピザ

A post shared by Emiko❤︎きのねぇ❤︎きのっぴ (@kinoppiemiemi) on

材料:餃子の皮(4枚)、ピーマン(1個)、ハム(1枚)
ケチャップ(適量)、とろけるチーズ(1枚)、オリーブ油(適量)

作り方
①ピーマンとハムを千切りにする
②餃子の皮にケチャップを付けてのばす
③ピーマン・ハム・チーズを小さくちぎって皮にのせる
④フライパンでチーズが溶けるまで焼く
⑤仕上げにオリーブ油を回しかけて完成


・スイーツにするアレンジ
≪餃子の皮であんこ餅風≫材料:餃子の皮(4枚)、あんこ(適量)、バター(適量)作り方
①餃子の皮にバターをぬる
②あんこをのせて、餃子の皮を巻く
③フライパンでバターを溶かした後に焼く
④回しながら焼いて、均等に焼き色がついたら完成

他にもアレンジ料理は沢山あるので、クックパッドやインスタで検索してみてくださいね。
自分にぴったりのアレンジ料理が見付かるはず。

まとめ

 

「餃子の余ったけど、捨てるしかない」
「捨てるのがもったいないと思っても、余った餃子の活用って?」

今までそう思っていたあなたも、今日から余った餃子の皮を保存できますね。
冷蔵保存なら、もう一枚袋に入れて乾燥を防ぎましょう。
冷凍保存なら、小分けにしてラップで包み、専用の冷凍保存袋に入れましょう。

解凍の方法は、前日に冷凍室から冷蔵室へうつして、自然解凍するといいですね。
室温で解凍すると、生地がべっちゃべちゃになるのでお気をつけください。

いつもの餃子に飽きてしまったら、保存しておいた餃子の皮がおかずやスイーツになります。
チーズを使ったアレンジではピザ風に、スイーツにするアレンジではあんこを巻いてお餅風にして、ぜひ楽しんで食べてみてくださいね。