交通事故後の接骨院通院とその詳細

交通事故で、後遺症が心配だったので通院することにしました。

症状としては、首の痛みと肋骨付近の痛みでした。病院での診断結果は打撲とのことで、

事故当日は痛みはそれ程なかったですが、数日後遅れて痛みが出てきたのでびっくりしました。寝返りを打つことが痛みで出来ない程でした。

なので、接骨院への通院を希望しました。

通院によって、特に痛みが劇的に解消されたという感覚はありませんでした。どちらかというと、自然治癒の手助けに近いのかなと思いました。

ただ、通うことで精神的な安らぎを得ていたと思います。なぜならば、みてもらう前、受付の方とのコミュニケーションや、診察中の先生とのコミュニケーション、他の人々との関わりを通して、そのような安らぎを得ていたようにも思います。

交通事故のあとでしたので、そういった安らぎを得る場所は必要だったのかもしれません。

自分にあった雰囲気の接骨院を利用されることをわたしはおススメします。家が近いが理由になるべきではないと考えています。